新聞販売所、交流の場20年

 新聞販売所の地域貢献活動を顕彰する日本新聞協会の2018年「地域貢献大賞」で、朝日新聞サービスアンカー(ASA)守口南(守口市西郷通2丁目)の取り組みが「地域貢献賞」に選ばれた。親子2代で20年間にわたって、販売所を交流の場として開放。少年サッカー大会の開催にも携わってきた。 ASA守口南は、所長の栗本健司さん(46)の父、故・恵司さんが1976年に創業。従業員として働いていた健司さんが2003年に引き継いだ。経営のモットーは「感謝の気持ちを形にする」だ。  交流スペースは1998年、3階建て住居兼店舗の2階に開設。店舗を新築するのに際し、恵司さんが「お世話になっている地域の人に恩返しよう」と、2階の1室に防音工事を施し、カラオケ機を置いた。最多で約30人が集まることができる。  年末年始を除き、土日・祝日も希望があれば午前9時~午後10時半に開放。40~90代を中心に、毎月約200人が利用している。住民側から「無料では気を使う」と申し出があり、3~4時間の利用料は1千~2千円ほどに設定した。  カラオケ以外にも、町内会の会議、地域住民同士が開いている誕生会の会場として、毎月20日以上利用されている。  公共施設の再編で守口市は今年、市立老人福祉センターを閉鎖。そのため、販売所は地域にとって一層、貴重な交流スペースとなっている。  地元の町内会副会長の吉田とし子さん(70)は、開設されて以来、ずっと利用してきた。「住民が気軽に集まって楽しめる場所は他にない。この場所があるおかげで、住民の交流が続いている。ありがたい」  また、恵司さんは98年に発足した市サッカー連盟の要望に応え、同年から小学生を対象にしたサッカー大会「守口朝日・ニッカンカップ」の開催に協力。市内の少年サッカー全チームが参加する唯一の大会だ。2000年度以降は年度に1回をめどに開催され、メダルや賞状などを寄付している。健司さんが引き継ぎ、今年も3月に開催した。  健司さんが所長になって以降も、町内会に代わって公民館の鍵や利用料の管理を担当するなど、地道な地域貢献活動を続ける。  今回の表彰を受け、健司さんは「地域で新聞販売所をやらせてもらっている感謝の気持ちを、地域貢献という形で示すという、父の経営姿勢をこれからも続けていきたい」と思いを新たにしている。

和歌山)「クロマグロ養殖の最前線」 近大が公開講座

 近畿大学水産研究所(白浜町)が、世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功して16年。「近大マグロ」として出荷され、商品化も進んでいる。しかし、完全養殖にはいまだ様々な課題があるという。 同研究所は20日、「クロマグロ養殖研究の最前線」と題した公開講座を大島実験場がある串本町で開いた。町民ら約120人が参加。沢田好史・大島実験場長が「漁獲漁業と違って持続可能であり、養殖体験観光などで地元貢献もできる。資源管理の専門知識をもったグローバルに活躍できる人材の育成にもつながる」と完全養殖に取り組む意義を語った。 陸上水槽で卵から稚魚まで育てる過程での課題について、倉田道雄・場長補佐(種苗生産学)が解説した。 この過程での生き残り率は10…

奈良)「天平菊絵巻」 なつかしの菊人形、復活へ

 奈良公園や平城宮跡に菊人形などを展示する催しを県が企画している。「天平菊絵巻」と題し、10月27日~11月4日に開く。かつて奈良市で盛況だった菊人形の展示に着想を得た。シカに食べられない工夫をしつつ、準備を進めている。 御蓋山(みかさやま)会場(奈良春日野国際フォーラム前)と平城宮会場(朱雀門ひろば)がメイン会場。菊の栽培が盛んな平群町や葛城市など県内外から集めた3万輪で彩る予定。鉢植えの大輪の菊や、正倉院の宝物を表現した菊装飾など、様々な趣向を凝らして展示する。 御蓋山会場では、遣唐使として唐に渡った阿倍仲麻呂、吉備真備(きびのまきび)、玄昉(げんぼう)を模した菊人形3体が並ぶ。高さ約1メートル70センチの人形を菊の花で飾り、衣装を表現する。 菊人形の展示は、奈良市にあっ…

福知山成美 逃げ切った 近畿高校野球

 秋季近畿地区高校野球大会は21日、1回戦3試合が神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸であった。福知山成美(京都1位)が神戸国際大付(兵庫2位)に、報徳学園(兵庫3位)が近江(滋賀1位)に、明石商(兵庫1位)が京都国際(京都2位)にそれぞれ勝ち、準々決勝に進んだ。27日に同球場で、1回戦の残り2試合と、龍谷大平安(京都3位)と市和歌山(和歌山2位)の準々決勝がある。   ◇    ◇ 一回裏、1死二、三塁のチャンス。福知山成美の4番、原陽太君(2年)はスライダーを振り抜いた。打球は中堅に抜け、適時打に。2人が生還した。 井本自宣監督は前打者にバントを指示。「今日は原が必ず打ってくれると思った」と、チャンスに強い原君を信頼しての采配だった。「ここで仕事をしなきゃ4番じゃない」と、原君も奮起して期待に応えた。 秋から4番に定着した原君。守備では捕手として、エースの小橋翔大君(2年)とバッテリーを組む。「小橋はストライクが入らない時でも、攻め続けることができる投手。打ち込まれた時こそ勝負できる」 1点差に詰め寄られた九回表。最後の打者を内角で攻め、右飛に打ち取った。「決めてくれると分かっていた」。それでも、思わずガッツポーズが出た。(足立菜摘)   ◇    ◇ 秋の府大会から打線の調子が良く、つながるようになってきた。失点をどれだけ少なくできるかが勝つための鍵。九回に1点差まで追い上げられても、小橋がしっかり抑えてくれた。次の試合でも、守備でリズムをつくって勝ちたい。   ◇    ◇ 明石商が無失策の守備で粘り八回に逆転した。1死から宮口のスクイズで1点差。さらに2死一、二塁とし、水上が左前打。敵失の間に自らも生還し一挙3得点した。京都国際は早の3二塁打など6長打を放ったが、12三振を喫し、リードを守り切れなかった。   ◇    ◇打撃では相手の速い球にも対応できた。先に2点を取ったがリードを広げられず、八回表に相手の先頭バッターを出してから、流れを持っていかれてしまった。細かいミスが重なり、いつも通りのプレーができなかった。

滋賀)彦根で城塞と軍事遺産の国際学術会議 23日から

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)の城塞(じょうさい)・軍事遺産国際学術委員会(ICOFORT)の国際会議が23日、彦根市で始まる。誘致した市は、国際的な知名度が低い彦根城の認知度を高め、世界遺産登録への機運の醸成につなげたいという。アジアでは初の開催になる。 ICOFORTはイコモスに約20ある専門委員会の一つ。城郭や要塞(ようさい)、古戦場など軍事に関わる施設や戦跡などの歴史評価、保存活用を巡る活動などを受け持つ。イコモスが軍事遺産の世界遺産登録を検討する場合に、ICOFORTのメンバーが中心になる。 ICOFORTの日本代表で、今回の国際会議の実行委員長を務める三宅理一・日本建築文化保存協会理事は「日本の城郭は、美しさは知られていても、その軍事的意味や機能については認識されていない」と話す。市は城郭と城下町全体の世界遺産登録を目指しているが、市によると、「彦根」「彦根城」がタイトルに含まれた英字論文はほぼないという。 市は、招致した年次総会と学術…

長野)松本山雅がホームでFC岐阜と引き分け

 サッカーの明治安田生命J2松本山雅は21日、サンプロアルウィン(長野県松本市)でFC岐阜と対戦し、0―0で引き分けた。通算成績は19勝6敗13分けとなり、勝ち点を1積み上げて70とし、暫定首位をキープした。ただ、2位に再浮上した大分トリニータが勝ち点差1に迫り、次節28日のアウェーでの直接対決が優勝への大一番となりそうだ。 岐阜とは、5月のアウェー戦を0―2で落としているものの、暫定20位と下位で苦しんでいるだけに、この日のホーム戦はぜひ勝利がほしいところ。山雅は前半から、FW前田大然のスピードを生かした攻めを繰り出し、何度もシュートまで持ち込んだ。だが、枠を外す場面が続いた。 後半も、ゴール左上へのMF岩上祐三のFKがGKにはじかれ、得点できなかった。シュート数は岐阜の7本に対し山雅は20本、CKも1本に対し12本を放ちながら精度を欠いた。 試合後、反町康治監督は「前半…

山梨)国体の自転車ロードレースで優勝した平井光介さん

 福井国体の自転車ロードレース(少年男子=78・9キロ)で優勝した駿台甲府高3年生。異色のレーサーだ。高校の部活動ではなく、実業団のチーム・ユーキャンに所属して練習。さらに甲府工高の練習にも参加して力をつけ、栄冠をつかんだ。 始めるきっかけも、ふとしたことだ。サッカー部だったが、勉強に集中したいと1年生の10月に退部。しかし、「太っちゃうので、体を動かそう」と、約15万円で自転車を購入した。 ユーキャンで週末、先輩と走っているうちに、自転車の魅力にはまった。「週末にエクササイズ的に乗ればいいと思っていたけど、流されるままに練習についていき、気がついたらレースに出ていた」と笑う。 自宅のある山梨県韮崎市大草町…

新潟)新潟)アマチュア将棋名人戦 久保さんが初優勝

 第42回朝日アマチュア将棋名人戦(朝日新聞社主催)の県大会が21日、新潟市中央区の鳥屋野地区公民館であった。県代表を決めるA級大会には33人が参加し、長岡市の久保勲さん(36)が湯沢町の村山秀明さん(41)を破り初優勝を果たした。 序盤は、村山さんが指し慣れた中飛車で位を取り突破を図る展開だったが、久保さんが隙を突いて相手陣に角を打ち込み、徐々に優勢を築いていった。終盤は端攻めにあうが冷静に対処し、121手で勝ちを決めた。久保さんは「うっかりミスもあったが何とか立て直し、最後まで気持ちよく指すことができた」と笑顔で語った。 久保さんと村山さんは、12月に新潟市で開かれる信越ブロック大会に出場する。優勝者は来年3月に東京で開催予定の全国大会に出場できる。久保さんは「県代表として、恥ずかしくない将棋を指したい」、村山さんは「少しでも長く指せるようにしたい」と、それぞれ抱負を述べた。(高木真也) 各級の結果は次の通り。(敬称…

三重)清流・銚子川が写真集に 紀北町が制作支援

 透明度が高いことで知られる三重県紀北町の銚子川の自然や生き物を自然写真家の内山りゅうさん(56)=和歌山県白浜町=が撮影した写真集「青の川 奇跡の清流・銚子川」が、山と渓谷社(東京)から出版された。銚子川の知名度アップを目指す町が、制作にかかる全費用756万円を負担した。 銚子川は、奈良県境にある大台ケ原の堂倉山(1470メートル)に源流を発し、河口までわずか17キロの急流。岩盤質や伏流水などいくつもの条件が重なり、透明度が極めて高いとされる。 内山さんは東京在住時代の1993年に初めて銚子川を潜水して撮影したところ、水の透明度に驚き、以来、四半世紀通っている。 写真集には、最近十数年に撮影…

愛知)光ケ丘女子、愛工大名電が銀 吹奏楽コン高校の部

 名古屋国際会議場で21日にあった第66回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校の部。東海支部代表として愛知県内から出場した光ケ丘女子と愛工大名電は、ともに前半の部で演奏し、銀賞を受けた。 光ケ丘女子は8年連続17回目の出場。自由曲は「パッサカリアとフーガ」(J・S・バッハ作曲)を選んだ。それぞれの楽器が出す音が組み合わさってつくられる重厚なハーモニーが印象深い曲。パイプオルガンを入れるなどして、大胆さと繊細さを対比する音色の変化を表現した。 部長の泉佳奈さん(3年)は「今年は3年生が多いチームだった。みんな笑顔になれる悔いのない演奏ができた」。指揮者で顧問の日野謙太郎教頭(48)は「練習通りの演奏ができたと思う。みんなの頑張りのたまもの。ありがとうと言いたい」。 愛工大名電は出場41回を数え…