鳥取)砂の美術館で3Dプロジェクションマッピング

 砂の美術館(鳥取市)で砂像上に立体的に動画を投影する3Dプロジェクションマッピングが8日から始まる。24日まで。 今年のテーマは「砂と光の幻想曲(ファンタジア) FROZEN WORLD」。高さ10メートル、横22・6メートルの砂像に、北欧の神話や風景をモチーフにしたきらびやかな立体映像が約7分間投影される。期間中の午後4~8時の間、30分間隔で上映する。 松尾真司館長は「今年は初めてレーザーの演出を採り入れた。今までと違った投影をお見せできるはず」と話す。(矢田文)

香川)築300年の丸亀・横井邸、米国の庭園へ移築

 香川県丸亀市今津町に残る築300年余りの古民家が、米ロサンゼルス郊外の庭園に移築されることになった。解体した後は松山市で部材を修復して船で運び、バリアフリー化して2020年7月から公開する予定。 現在の高松市香南町横井の横井城から移り住み、庄屋となった横井家が300年余り前に建てた邸宅で、木造平屋建て約220平方メートル。当主の横井昭さん(83)は中学卒業まで暮らしたが、今はロス在住。祖母が亡くなった約30年前から空き家になり、手入れで年に数回、訪れていたという。 移築先のハンティントン財団庭園は、米実業家によって約100年前に設立された財団が運営。茶室などのある日本庭園が広がり、高松市の栗林公園と姉妹庭園提携を結んでいる。2年半ほど前に横井さんと財団関係者が知り合い、移築が決まったという。 丸亀市の現地では11月末、工事の安全を願う式典が開かれた。横井さんは「ノスタルジーはあるが、家が近くに移されることになって感激している」。同庭園のジェームズ・フォールサム園長(68)は「歴史が文化を作り上げた証拠として、来場者は日本とのつながりを感じるでしょう」と話した。(三島庸孝)

東京)選抜チームがレセプション、都高野連キューバ遠征

 キューバに遠征している東京都高校野球連盟の選抜チームは16日夕、宿泊先のホテルでレセプションを開き、親善試合で対戦するキューバのU17代表チームと交流をした。 キューバのチームは、選手20人中半数が身長が180センチ以上あり、体重は3人が100キロを超えるなどがっしりとした体格の選手が目立つ。頭の横を短く刈り上げてっぺんをショートアフロ風にするなどの髪形も特徴的だ。レセプションで東京代表の選手たちは身ぶり手ぶりを交えながら、キューバの選手たちとコミュニケーションを図った。 自分の名前をローマ字で書いて渡したりキューバの選手の名前を聞いてカタカナで書いてあげたりした。自己紹介で見てほしいところを言う場面では、東京代表の選手は「全力プレー」「スモールベースボール」などと述べ、キューバの選手は「100マイル(約160キロ)のスピードを見てくれ」「スイングの速さは自信がある」などと自信たっぷりに話した。小山翔暉選手(東海大菅生)は、2016年に日本で行われたU15ベースボールワールドカップで戦った選手らと再会。「今度はキューバでの対戦。打撃で負けないよ」と健闘を誓い合っていた。(ハバナ=山田知英)

鹿児島)北薩―天草で自転車ツアー開拓 2県共同企画

 北薩と天草を結んでサイクリングを――鹿児島県北薩振興局と熊本県天草広域本部でつくる「北薩・天草広域観光推進協議会」は11月末、「自転車王国」として知られ訪日客も多い台湾から旅行会社幹部らを招いて周遊ツアーを開催した。景観のよさなどで高い評価を得て、サイクリングによる観光振興に期待が高まっている。 県境をまたいで連携を図る協議会が発足したのは2016年夏。昨年度は県内外の情報誌や旅行関係者を招いて体験ツアーを2回開催したが、今回はサイクリング熱の高まりとインバウンド(訪日外国人)の伸びをにらんで、世界屈指のメーカーを抱える自転車大国でサイクリング人口も多い台湾にターゲットをしぼったという。 招かれたのは台湾の大手旅行会社東南旅行社でサイクルツーリズム部門を担当する石素慧部長や旅行誌の編集長、旅行サイトの記者、一般の愛好家ら計6人。このうち石部長は日本各地のレースや大会に参加した経験がある。同社は日本へのツアー商品も手がけ、サイクリング旅行で国内トップ級の人気がある「瀬戸内しまなみ海道」にも台湾の愛好家を送り出しているという。 6人は台北―福岡発着便を利用…

福岡)名匠・松尾仙六の隠れた庭園、再評価 小郡

 大正~昭和初期に現在の小郡市近辺で富裕層の庭園を数多く手がけた庭師がいる。松尾仙六(1889~1961)。地元でもあまり知られていない庭もあり、見つめ直す取り組みが始まっている。 仙六は現在の佐賀県鳥栖市出身。小郡市教委の2016年度文化財調査報告書によると、遺族らへの聞き取りの結果、小郡、鳥栖の両市内で少なくとも14の庭園を手がけたことが判明。うち8カ所が現存している。 報告書は、大正~昭和初期にこうした巨額を要した庭園が生まれたのは、軍需景気が地方でも資産階級を生み出した時代背景があったと指摘。ただ、やがて敗戦後の混乱で資産家が勢いを失うとともに仙六の作庭も終わったとしている。 仙六作の庭のうち、小郡市小郡…

広島)「核なき国を夢に見て」 三次市に平和記念碑

 広島県三次市の市原爆被害者協議会(時丸卓爾〈たくじ〉会長)が核廃絶と平和を願う「平和記念碑」を作り、同市役所内で披露されている。市側と交渉した結果、25日まで一時的な展示が実現。以降は、同市三良坂町にある三良坂平和公園に場所を移して常設される予定だ。 核なき国を/夢に見て/平和な世界を/願う 御影石製の碑にはこう刻まれている。縦61センチ、横85センチ、奥行き15センチで、裏面には協議会メンバーの名前が並ぶ。11月30日に完成した。 協議会は、8市町村が合併して…

高島の若女将 鳥取のアイドルに楽曲提供

 ◆昭和ロック「フラッシュバック」 ChelipのCD  アイドルユニットのメンバーとして活躍する高島市の旅館「宝船温泉 湯元ことぶき」の若女将(わかおかみ)大久保琴江さんが、鳥取県米子市を拠点に活動するアイドル「Chelip(チェリップ)」に曲を提供し、CDがリリースされた。懐かしさと新しさが詰まった歌謡ロックに仕上がっている。 大久保さんは2人組アイドル「AH(嗚呼(ああ))」の「りりかる*ことぱぉ」として活躍。複数のアイドルグループから楽曲の提供を依頼されるなど、ソングライターとしても高く評価されている。 Chelipは、井次麻友さん、藤井美音さんの2人組ユニット。数年前から時々、各地のアイドルイベントでAHと一緒になり、親しくしているという。 大久保さんが作詞作曲、編曲を担当した曲は「フラッシュバック」。「これまでのChelipのイメージや2人の特徴的な声質も生かして、これまでになかった曲に仕上げた」という。今回、シングルCD「サマータイムシンデレラ」のカップリング曲としてリリースされた。 井次さんは「これまでのChelipにはなかったロックな雰囲気。格好良い歌詞にも注目して」。藤井さんは「滋賀県のみなさんにも聞いていただけるよう活動の幅を広げていきたい」と話している。

三重)「水産女子」の夢最期まで 漁村からビジネス描く

 三重県尾鷲市の飛び地の須賀利町で、定置網漁から水産ビジネスを切り開こうとしていた41歳の女性が11月、作業中の事故で亡くなった。「漁業従事者を増やし、地元の人が生き生き過ごせるようにしたい」。亡くなる直前まで、そんな夢を語っていた。16日は東京、23日は須賀利町でお別れ会が開かれる。 女性は東京都の田中優未さん。亡くなった11月23日朝も、東京の居酒屋運営会社ゲイトが所有する漁船「八咫(やた)丸」で網を引っ張り、大きな魚を捕って満面の笑みを浮かべていた。 ゲイトは今年3月、人口約220人の須賀利町で定置網漁を始めた。田中さんは同社から委託され、現場責任者として、月の半分は須賀利で暮らし「近々、住民票を移してもいい」と話していた。五月女圭一社長は「右腕どころじゃない。僕は彼女が描く世界に乗っただけだった」と惜しむ。 熊本県出身の田中さんはITエ…

宮城)疎開保育園の実話を映画化 仙台市の製作会社

 太平洋戦争末期、保育園の保母(現在の保育士)たちが集団で園児を疎開させた実話を基にした映画「あの日のオルガン」が完成した。企画したのは、仙台市の映画製作会社。「この作品を通じ、子どもの命と平和を語る運動につなげていきたい」と、宮城県内の多くの市町村での上映会を目指す。 20日、仙台市内で関係者を対象とした試写会があった。約2時間の上映後、参加者たちが感想を語り合った。「実話であることを重く感じた」「反戦への思いが湧いてくる素晴らしい作品」「保育士さんの熱心さを見て、誇りある仕事だと感じた」 1944(昭和19)年、東京・品川にあった戸越保育所の20代の保母たちは、迫り来る空襲から子どもたちを守ろうと、53人を連れて現在の埼玉県蓮田市の寺に独自に疎開する。国が進める学童疎開は、縁故疎開ができない国民学校初等科3年以上が対象だった。作品では、苦渋の末に我が子を託す両親の姿や、無人で荒れた寺を借り、食糧も不十分な中で疎開生活を送る保母の奮闘を描く。 保母たちを戸田恵梨香さんや大…

石川)湯涌温泉観光協会の安藤有会長に聞く

 一般社団法人アニメツーリズム協会(富野由悠季(よしゆき)会長)が10月に発表した「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)」に、アニメ「花咲くいろは」(11年放映)の舞台となった湯涌温泉のある金沢市が選ばれた。各地のアニメファンが足を運び、年間約6万人が訪れている温泉街の現状や戦略とは。湯涌温泉観光協会の安藤有会長(45)に聞いた。 ――「アニメ聖地88」に選ばれました 知名度アップにつながるのでとてもうれしい。金沢市は全国的にメジャーですが、湯涌温泉はまだまだ知られていません。 ――11年から「ぼんぼり祭り…