徳島)絶品!ばあちゃんの味 とくし丸レシピ大賞

 移動スーパーを手掛ける「とくし丸」(本社・徳島市)が、家庭料理のコンテスト「とくし丸レシピ大賞」を開いた。販売現場から、「おばあちゃんたちの味を引き継ぎたい」と声が上がったのがきっかけ。全国から343点が集まった。レシピ集やお総菜の販売なども検討しているという。 「パートナー」と呼ばれる全国のとくし丸の販売員を通じてレシピを募り、寄せられた343点の中から、京都府福知山市の横川百合子さん(89)の「さば水煮缶の押寿司(おしずし)」が大賞に選ばれた。横川さんは「大賞をもらえるなんてもったいない。良ければ、お家でためしに作ってくれたらうれしいですね」と話した。 今回のコンテストは、京都府内の販売パートナーの体験談がきっかけで実現した。パートナーの女性が利用客に教わった「半冷凍の卵の卵かけごはん」が絶品だったという話が、とくし丸本部に伝わり、全国の隠れたレシピを掘り起こすことになった。 とくし丸には全国約5万人の高…

愛媛)富有柿の選果始まる 内子町

 JA愛媛たいきの和田柿選果場(内子町)で、富有(ふゆう)柿の選果が始まっている。同JAの管内は約180戸が富有柿を約100ヘクタールで栽培している県内有数の産地で、12月ごろまで関東や松山市内などに出荷する。 16日に始まった選果作業では、集められた実の中から色や形、傷の程度が手際よく見定められていた。同JAによると、7月の西日本豪雨で一部の園地では土砂災害を受けたが、生産量は平年並みを維持しそうで、日照に恵まれて糖度も高いという。(佐藤英法)

香川)子連れ再婚、悩み語ろう 支援団体が11月交流会

 子連れで再婚した家庭「ステップファミリー」の抱える問題に寄り添おうと、高松市に支援団体ができた。結婚する4組に1組が再婚という時代。自らも子連れ再婚をした女性が、同じ立場の人を支えたいと設立した。11月には当事者が語り合う交流会を開く。 支援団体「ステップファミリーサポート協会カモミール」は、市内でエステサロンを営む牧口亜樹さん(40)が3月に立ち上げた。電話や対面で有料の相談を受け付けている。 牧口さんは8年前、小学生だった息子と娘を連れ、今の夫(38)と新しい生活を始めた。夫にも、小学生と保育園児の息子2人がいた。「一度経験した子育てをまたやればいいと思っていた。楽しい家庭になりそうだと、根拠のない自信があった」と振り返る。 だが、2、3年が過ぎるとスト…