長崎)長崎国際平和映画フォーラム、15日から開催

 「長崎国際平和映画フォーラム2018」が15、16の両日、長崎市の長崎原爆資料館ホールなどである。映画4本を上映するほか、朗読劇など様々なプログラムが用意されている。 映像を通して「平和」を考えるきっかけにしてほしいと、2010年から毎年開催され、今年で9回目。 映画は、被爆者で元長崎大学長の故・土山秀夫さんがモデルになった山田洋次監督の作品「母と暮(くら)せば」(15年)のほか、「この世界の片隅に」の原作者・こうの史代さんの漫画を実写化した「夕凪(ゆうなぎ)の街 桜の国」(07年)▽広島原爆で父を亡くした女性の心の動きを描いた「父と暮せば」(04年)▽硫黄島の戦いを日本側の視点から描いたクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」(06年)――の4本を上映する。 このほか、被爆者の故・山口仙…

福井)宴会5箇条 忘新年会の料理食べきろう

 年末年始が近づき、これから忘年会や新年会などの宴会が多くなる。このシーズンに合わせ、福井県内の自治体が適量注文や食べ残したものの持ち帰りなど、食品ロスを減らす「おいしいふくい食べきり運動」への参加を呼びかけている。 県循環社会推進課によると、県内の家庭ごみの食品廃棄物のうち、食べ残しや消費期限切れ、賞味期限切れによる食品ロスは、4分の1を占めるという。 食品ロスを減らそうと、県は全国に先駆けて2006年度に「食べきり運動」を始めた。16年には県の呼びかけで「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」が設立され、現在47都道府県と331市区町村が加盟している。 外食の際も残さずに食べきるこ…

長野)青春の地、伊那でビール造り 信大出身・冨成さん

 信州大学農学部を巣立った愛知県出身の女性が、「故郷」とも懐かしむ伊那市に戻ってきた。生業として始めるのは手作りビールの製造。すでに7日からビール&ピザの店を開店しており、併設の醸造所でのクラフトビール造りも近く、スタートさせる予定だ。 愛知県岡崎市出身の冨成和枝さん(31)。地元の高校を卒業後、伊那谷にある信州大農学部に進学。大学院を経て愛知県内の食品メーカーに就職したが、働けば働くほど、伊那への思いが断ちがたくなった。 「景色もいいし、ごはんもおいしいし、人もいい。最高です。第二ではなく、第一くらいの故郷」と冨成さん。思い切って伊那で仕事を探したものの、思うような仕事はない。もともと6次産業(一次産業+加工+流通販売)に携わりたかったこともあり、クラフトビールに行き着いた。 食品メーカーを3年で辞め、愛…

高松公園エリア 盛岡市愛称募る

 盛岡市は28日まで、高松公園や多目的広場がある旧盛岡競馬場跡地の愛称を募集している。跡地の歴史など特徴が感じられ、子どもやお年寄りにも親しみやすい名前を求めており、最優秀賞に選ばれると実際の愛称として使用される。 跡地の広さは約17ヘクタールで、1996年に同市新庄に現在の盛岡競馬場ができるま…

三重)難病克服の投手プロへ 「病気の子たちに勇気を」

 25日のプロ野球ドラフト会議を前に、国指定の難病の腎疾患を乗り越え、指名を心待ちにする選手がいる。社会人野球の強豪・ホンダ鈴鹿(三重県鈴鹿市)のエース左腕、平尾奎太(けいた)投手(24)。大阪桐蔭高で、同学年の藤浪晋太郎投手(現阪神)らと春夏連覇を果たしながら、大学時代は闘病生活で2年間もグラウンドを離れた。同じ境遇の子どもに、プロのマウンドで夢を与えたいと願う。 大阪府泉佐野市生まれ。NTT北陸で11年間プレーした父の健二さんに憧れ、小学2年生で野球を始めた。プロ野球選手になり、父を超えようと、大阪桐蔭に進み、2年生の春にはベンチ入りした。 体の異変に気づいたのは、秋季大会直前の2年秋だった。学校の健康診断で受けた尿検査の結果、腎臓に異常が見つかった。昼休み、西谷浩一監督から校内放送で呼び出され、病院へ向かうよう命じられた。 「まず野球はあきらめてくださ…

東京)蒲田にゴジラ来襲 1月27日まで展覧会

 ゴジラが再上陸――。2016年に公開された映画「シン・ゴジラ」のロケ地になった東京都大田区の日本工学院専門学校(西蒲田5丁目)で19日から展覧会「特撮のDNA 『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで」が始まった。初回上映から60年を超えたゴジラを中心に特撮映画の資料が展示される。 展覧会は16年に福島県で始まり、今回が4回目。東京では初開催となる。1950年代から2010年代まで年代別のゴジラやメカゴジラのスーツ、モスラの卵……。18日のプレオープンイベントには歴代作品に関わった監督やスタッフ、俳優ら32人が来場した。 「シン・ゴジラ」では、ゴジラのひな型をデジタルスキャンし、CGで表現した。ひな型を作り、今回の展示にも参加した造形家の竹谷隆之さん(55)は「歴史を感じる。ゴジラを知らない若い世代にもワクワクしてほしい」。 展覧会は来年1月27日まで(…

岡山)予は備中松山城の猫城主「さんじゅーろー」である

 高梁市の備中松山城に、猫城主がいる。名は「さんじゅーろー」。7月の豪雨災害直後に迷い猫となり、城で保護された。城主に就任後、被災で激減した観光客はV字回復を果たしたが、人気の重圧か、またも失踪……。曲折を経て、16日に帰城する。さんじゅーろーのこれまでと、今後の予定を紹介する。 さんじゅーろーは推定3歳、茶トラの雄猫だ。名は、江戸末期、備中松山藩の藩士から新撰組の隊長になった谷三十郎にちなむ。 元は、市内に住む難波恵さん(…

岩手)障害者働く、じゃじゃ麺屋が雫石町にオープン

 障害者らが働き、気軽に立ち寄ってもらえる場を目指し、岩手県雫石町板橋の国道46号近くに、食堂「じゃじゃ麺 おもり」が開店した。町内の障害者就労支援会社の経営で、嘉門嘉也社長(48)は「障害者の存在を理解していただき、そんな地域の拠点としてやっていければ……」と話す。 同社が町内で運営する障害者就労支援事業所「モリファームサービス」では、精神障害者や知的障害者、身体障害者計約20人が農業に従事。ネギやキュウリなどを収穫し、地元の農協や産直などに卸している。 嘉門社長は「卸すだけでなく、自分たちで育てた野菜がどのように食べてもらえるかを見て感じてほしい」と考え、盛岡名物のじゃじゃ麺の上にのる具材として提供することにした。 ちょうど町内のそば店が秋に閉…

富山)富山刑務所で再犯防止へ就労支援 企業説明会も

 刑務所を出所した人が再び罪を犯して刑務所に戻るのを防ごうと、富山刑務所は受刑者の出所後の就労支援に力を入れていて、11月には初めて刑務所内で合同企業説明会も開いた。再犯時に仕事に就いていない人が多く、同刑務所の担当者は「仕事を得て安定した生活を送ることが再犯防止には欠かせない」と話す。 11月30日、同刑務所の体育館で合同企業説明会「就労支援フェスタ」が開かれた。刑期の残りが1年前後の20~70代の男性受刑者46人が参加。県内外から呼んだ外食業や建設業などの企業5社の担当者から、会社の歴史などを聞いた。 「入社して、新たな自分を見つけてほしい」。航空貨物の運搬などの空港事業や物流を手がける「羽田タートルサービス」(東京都)の佐藤富彦・副社長(62)はそう呼びかけた。同社は昨年10月から20~50代の出所者5人を雇用。1人は転職したが、4人は今も働いている。佐藤さんは「立ち直ろうと努力する真面目な人ばかり。優秀な人材です」と話す。 2017年版の「犯罪白書」に…