茨城)潮来の「嫁入り舟」 初夏だけでなく、秋も運航へ

 茨城県潮来市の初夏のイベント「嫁入り舟」が、今年10月に「秋バージョン」として新たに実施されることになった。道の駅いたこの運営会社が発表した。白無垢(むく)の花嫁が水郷潮来あやめ園沿いの川を小舟で下る人気イベントだが、秋のブライダルシーズンに合わせて良縁結び・お披露目の機会として広めたい考えだ。 嫁入り舟は、例年の水郷潮来あやめまつり大会のイベントの一つ。市や商工会、観光協会などが加わる実行委員会方式でまつりを開催してきた。5月25日~6月23日(水、土、日曜のみ実施)に予定する嫁入り舟も、29組の募集がすでに始まっている。 秋バージョンの嫁入り舟は実行委員会方式ではなく、道の駅いたこを運営する株式会社「いたこ」(代表取締役=原浩道市長)が企画する。花嫁の募集方法や実施日などは検討中だが、暑さ対策などを考え、花嫁ら和服姿の参加者に負担にならない10月開催とした。嫁入り舟とともに、河岸の遊覧を楽しむ「ろ船運航」も合わせて実施するという。 運営会社は昨年12月20日、2019~21年度の中期経営計画「水郷まちおこしプラン2021」を発表。まちづくり会社としての役割を強める戦略の中で、秋の嫁入り舟運航などに取り組むことを発表した。高速道終点の潮来バスターミナルと道の駅いたこ、あやめ園など、水郷潮来の水辺という市内3拠点を連携させて、内外の観光客を潮来の街中(まちなか)に誘う仕組みを作る構想だ。嫁入り舟は近年、国際結婚のカップルなどからも応募があり、水郷旧家磯山邸を活用する宿泊サービスの開始とも合わせ、潮来の歴史と文化を発信する。

岐阜)全県立校の教室に白板 ICT教育で電子環境整備

 岐阜県教育委員会は2019年度、県立高校と特別支援学校の全83校の普通教室と特別教室に、黒板に代わってホワイトボード(白板)を行き渡らせるようにする。ICT(情報通信技術)を活用した教育の一環で、プロジェクターで投影する画面としても使われるため、電子黒板機能を果たせるという。 県教委によると、県立高・特別支援学校の普通教室と特別教室は計約1700に上る。白板やプロジェクターのほか、生徒向けのキーボード付きタブレット端末、無線LAN設備も新たに導入する。 電子黒板機能では、白板に投影された写真や動画、グラフを教諭がタッチペンで触って動かすことができる。教諭がパソコンの位置に戻って操作する必要はなく、白板を見ながら説明したり、ペンで図に書き込んで教えたりすることができるという。 また、環境整備が進めば、例え…

大分)ロケット発射、縁の下で光る技

 ♪さくら、さくら――。 思わず口ずさみたくなるメロディーが聞こえ、大型ロケット組立(くみたて)棟の巨大な扉が閉じ始めた。昨年11月25日、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター。初のロケット打ち上げから50周年を記念し、部外者への公開が極めて珍しい大型ロケット発射場に一般の見学者が入ることを許された。 扉は高さ約67メートル、一枚の幅が約27メートル。油圧でゆっくりと動くため、周囲に動作中だと知らせるのがメロディーの役割だ。実際の打ち上げの際にも流れ、現地ではおなじみとなっている。 「この曲を提案したのは私。た…

栃木)小学生の暴力行為 過去最多651件

 栃木県教委は25日、昨年度の公立学校における問題行動調査の結果を発表した。小学校では暴力行為の発生件数が651件と、前年度の363件の1・8倍で過去最多となった。文部科学省が同日発表した調査結果に併せ、県教委の独自調査の結果も発表した。 県教委によると、公立の小中高校での児童や生徒の暴力行為は1124件で、前年度の791件を大きく上回った。95%が校内で起きていた。暴力の形態別では対教師、生徒間、対人、器物損壊のすべてで増えた。内訳では、小学校が最多の651件で全体の6割近くを占め、次いで中学校の417件(前年度368件)、高校56件(同60件)の順だった。 小学校の件数は、文科省が調査に小学生の暴力行為を入れた1997年度以降で最多。県教委は件数が増えた要因について「自己表現が苦手で、先生や友だちにうまく伝えられず、どうしても手や足が出てしまうなど感情がうまく表現できない子がいる」と説明する。さらに、調査でこれまで以上に細かく集計するようになったことも背景にあると分析した。 また、特別支援学校も含めたい…

広島)私の折々のことばコンテスト 県内2人が受賞

 中高生が心に響いた言葉とエピソードをつづる「私の折々のことばコンテスト2018」(朝日新聞社主催、朝日中高生新聞共催、Z会、栄光ゼミナール特別協賛)で、広島県内からは広島女学院中学1年の宮武和花さん(13)が中学部門の鷲田清一賞を、福山誠之館高校2年の佐藤美咲さん(17)が高校部門の朝日中高生新聞賞をそれぞれ受賞した。全国から2万7404作品の応募があった。何にもないから新婚みたい おばあ…

富山)雪の黒部峡谷で越冬勤務 物資輸送の逓送員に同行

 雪に閉ざされた冬の黒部峡谷で働く数十人の人たちがいる。宇奈月温泉(富山県黒部市)から黒部川の約9キロ上流にある関西電力出し平ダムも、そうした人たちが働く場所の一つ。15日、徒歩で職場に向かうダムの職員や物資輸送を担う逓送員に同行した。 加藤丈典さん(44)は、同ダムの機能を維持管理する現場の責任者の「ダム水路長」を務める。毎週月曜の朝、宇奈月温泉から冬期歩道を歩いて職場に出向く。ダムの管理所で監視業務を指揮し、金曜の午後に再び約9キロを歩き、宇奈月温泉に戻る。 同ダムでの勤務は間もなく12年になるという加藤さん。約9キロの通勤も「初めの頃は『嫌だな』と思ったが、そのうち『健康的でいいか』、今では『もっと歩きたい』と思うくらい」と笑う。タイムを計って記録を縮めることに熱中した時もあったという。 黒部川流域には関電の四つのダ…

和歌山)歩行者用信号の補助装置、県警が試行 独自開発

 高齢者や視覚障害者らが歩行者用信号の色を確認しやすいようにと、県警はメーカーと協力し、独自に歩行者用信号補助装置を開発し、昨年12月に試行運用を始めた。補助装置は、押しボタン信号の箱とほぼ同じ高さの位置に設置され、歩行者用信号と連動して点灯する仕組み。県警は、反響を見て増設を検討している。 昨年開発した補助装置は、アシストシグナル「和(なごみ)」。歩行者用押しボタンの箱枠(高さ16センチ、幅12センチ、奥行き11・5センチ)に赤と青のLEDライトが収まる。一般的な歩行者用信号は、道路の向かい側の高い位置に設置されているため、上を見上げるのが困難な高齢者や目が見えにくい人にとって色を認識しにくいといった声があり、県警が東京の信号機メーカーに開発を依頼した。 メーカーによると、開発のポイントはコストを抑えたことだ。同メーカーは20年ほど前にも、補助装置「喜の国信号」を独自開発。地面への埋め込み式で、歩行者用信号に合わせて、青の矢印と赤のバツ印が点灯する仕組みだ。 県警によると、JR和歌山駅前…

新潟)合格石、砂糖菓子、お守り…受験応援がグッズ人気

 大学入試センター試験を皮切りに、本格的な受験シーズンが訪れた。新潟県内では、受験生を応援する縁起物やお菓子が神社や道の駅などで売られ、人気を博している。 学問の神様、菅原道真をまつる長岡市来伝(らいでん)の「来伝天神」。古杉に囲まれた小さな神社は「合格天神」と呼ばれ、県内外から多くの参拝客が合格祈願に訪れる。 人気の縁起物は「合格石」(税込み600円)。雪解け水で清めた石に、「『ご』を書く(合格)」の語呂合わせで、油性ペンなどで「合」「GO」「五」「ご」などと書く。石は「固い意志」を表す。受験生は自宅の机などに置いて勉強の励みにし、合格したあとに、境内にある菅原道真の石像に奉納する。 今月13日、神社を訪れた。菅…

踏まれて育つ「麦踏み」体験 加須

 麦は踏まれて強くなる。埼玉県加須市立大越小の3、4年生20人余りが25日、厳冬期に若葉を出した小麦をたくましく育てるため、学校近くの農園で昔ながらの「麦踏み」をした。 昨秋の種まきから2カ月ほどで10センチ前後の若葉に。根の周りの土を固めて寒さから守り、踏みつけられた小麦が茎の数を増やして収穫増…

福井)折々のことばコン 北陸高の安川さんが入賞

 心に響いた言葉とまつわるエピソードを中学、高校生から募った「私の折々のことばコンテスト2018」(朝日新聞社主催、朝日中高生新聞共催、Z会、栄光ゼミナール特別協賛)で、北陸高校1年安川なみさん(16)が高校部門の佳作に選ばれた。安川さんが選んだのは、小学5、6年生の頃、担任だった男性教師にかけられた言葉だった。 哲学者・鷲田清一さんが朝日新聞の1面で続ける「折々のことば」にちなんだコンテスト。学者や作家、漫画家、主婦まで古今東西の様々な人の言葉を紹介する人気コラムだ。 コンテストには、全国から計2万7404点の応募があり、最優秀賞などの賞に11人が、佳作に20人が選ばれた。 安川さんは生まれつき左目が見…