スイスで時計城は200年の職人精神を訪れます

スイスで時計城は200年の職人精神を訪れます
スイスの時計の制造業が世界的に有名で、スイスの時計業の“精神の聖地”は世界文化遺産の名簿の古い都市の拉紹徳に入れるに閉じられるのです。

記者が最近ここを訪問する時発見して、むしろこの都市がない時計の制造業がなくて、むしろもし“職人精神でない”ならばこの都市の今日がありません。

200数年来、この古い都市は時計業と都市の共生の発展するとてもすばらしい個別事件になって、現地の一人一人の住民はほとんど全部時計の産業と直接なのあるいは間接的な関係があります。

ここで生まれて成長するレディースを彫るに比べては記者に教えて、ジュネーブ湖の周囲地区の気候の温和で、太陽の光が輝いているブドウの生産区とと違い、拉紹徳が閉じて伝統の農業生産の条件に従事する非常に極めて悪くて、1は冬まで大雪が山道が閉ざされるです。このようなで状況で、現地の山地の住民はおよびそれから移住してくる職人達は時計の製造を除いて、ほかのいっそう適合する経済活動がありません。

ここの職人達は事をしてきわめて細部を集中して、根気良くて、重視します。正に他の人を比べなければいっそう努力して立脚することができないためで、彼らは自分で製造するひとつの時計についてすべて絶えず改善して、その品質はすぐスイスの時計業の揺りかごジュネーブを越えます。

彫るに比べて言って、ほとんど世と断絶する長い厳冬の中で、職人達は自分の窓側の仕事の台の前で匍匐して、“辛抱する”あるいは“楽しみ”はこのようなほとんどほかの選択がないのが孤独でひっそりと静まり返っていて、全部の心身がぜんまい装置の上に自分で手の時間単位の計算、カレンダー、陀はずみ車自動を集中するのおよびを。むしろこの過程は“製造”の1件の製品で、“作品”の1件の作品でそうなほうがいいです。

拉紹徳を歩いて街頭を閉じて、その他のヨーロッパの小城のようではなくて、ここは貴族の砦、中世の石教会堂、くねくねしていて狭い路地がなくて、ほとんどきれいな独棟花園の洋館がもありません。まっすぐで広々としている大通りは碁盤のように整然と秩序があって、ビルとビルの間隔がわりに大きくて、くねくねしていて狭い路地がなくて、全体の席の都市は1基の巨大な工場のようです。