ほとんどすべての紳士は腕時計の方法をつけるすべて

ほとんどすべての紳士は腕時計の方法をつけるすべて
多くの人はすべて比較的習慣に忠実で、慣れるのを信じるのは変えにくいので、だからずっと牽引しているのに慣れられます。実は私達が腕時計をつけるのも左手で習慣です。でも腕時計のが法をつけるのがとても重んじるのがあるので、それは健康で美しいのに関係して、正しい腕時計はつけて、あなたの風格素晴らしいことができるだけではなくて、さらに長生きします。

医学は研究して表示して、人の両計略所に個が“手首の脈どころ”の部位を称させられるのがあって、この部位は人体の3つの脈を連結していて“1寸の―関―物差し”を注文して、この3つの脈点は人の体の健康と極めて大きい関係を持っています。それらはそれぞれ分布して双方の計略所、親指の下を左右します。医学は思って、“寸の―関―物差し”の部位は生活の中で健康な秘訣を埋蔵しています。脈拍がよく知っていて、平均的に力強い時、光明正大な人を表して精神と体力が満ちている、気持ち楽しくて、強靱で労苦に耐えます。最も肝心な部位は“寸”で、それが対応するの“心”の状況ためです。

落とし穴の1左手は時計をつけます

男の女の脈の互いにの少し肝心なのが分布するのとと違う手は行って、男の左手、女は右手で。医学界は思って、この現象のは男の血液が心臓の末から左側に流れるのであるためで、女が相反します。ここからこのような1つの重要な結論を出さなければなりません:もしも男は腕時計を左手上でつけて、このような腕時計のバンドはどんな材料が製造したのなのにも関わらず、金、銀、プラスチックあるいは皮革など、でも心臓の正常な仕事に影響して、女はとても幸運で、変えて腕時計を左手の上のこの習慣でつける必要はありません。右手の時計をつける人の中で最も有名なのはロシアの大統領のプーチンに属して、聞くところによるとロシア人は研究一大のヒープの東方の医学の後で結論を得ます――プーチンのこの習慣は中国の古い養生の体系と源があります。

落とし穴の2はつけてやっとつけると思い付きます

多くの人は実は正常に時計をつけるのを知らないで、正常に時計をつけるのとは何か?あなたの毎朝ほぼ同じ時間は起きて時計をつけて、部門で正常に1日働いて仕事がひけて家に帰って時計を取って、あなたの通常の習慣によって時計を置いて箱の中で表して、翌日おなじな措置を繰り返して正常につけると言います。もしもあなたは今日つけて、明日休みはつけないで、正常につけたのではなくて、このような状況で表した誤差は条件の変化をつけるのため変化が発生して、しかしそのチップの安定性が発生して変化したと言うことはできなくて、安定性の比較が同じだに状況でするため、これっぽっちに対して私はスイスにテスト方式の友達を表してとてもよく知っているべきなように理解するのを信じます。もしも幸運な不安定なな情況が現れて、たとえば正常に条件をつける下に腕時計は今日速い何秒明日遅い何秒の情況が現れて、おそらくチップの潤滑油が変化が発生して吸収油があるいは腕時計が磁気を受けたのが必要でした。