真珠や宝石の腕時計の技術は肝心です

真珠や宝石の腕時計の技術は肝心です
ラインストーンはどのくらい難しいですか?
ひとつの良い時計の必要条件は“完璧な技術+材質+設計”を含んで、真珠や宝石が表しにとって、この必要条件はもっとひどいのに見えて、このように表すだけではなくて、上にあるダイヤモンドを象眼して達しなければならないこのように標準的です。

腕時計が工業化の製品に属するため、その時計が閉じ込めでもよい、腕時計のバンド、時計の文字盤、すべて機械で図面の要求によって造り出したので、私達常に言う“1つの型の中で刻んでくる”で、刻んでくるその後直したのができなくて、このサイズによって必ず宝石を選んで象眼しなければならなくて、だからそれもダイヤモンドと宝石の要求についてとても厳格であるで、欠けて0時(点)に0数(何)ミリメートルがすべて有り得埋め込みして入ることができません。

だから、腕時計の中で使うダイヤモンド、すべてテーブルの上の大きさ、厚さ、は角度を切断してすべて必ず標準を厳格に守らなければなりません;高級の真珠や宝石の中で使うダイヤモンドのようです、手作業を通じて(通って)金属の部分を調節するのに行くことができて、ダイヤモンドの同情が大きくなって埋め込みして少し密で、厚さが超えて埋め込みする少し低くて、全体の構造に影響することはでき(ありえ)ないです。しかし真珠や宝石は表して調整することができ(ありえ)ないで、その時計は調整を経てそろわないでを閉じ込めて、時計の文字盤は調整を経て変形して、恐らくポインターはこう着に、あるいは平らにならないで、美観に影響して、甚だしきに至ってはチップの運行を邪魔します。

真珠や宝石の表すダイヤモンドは法を象眼します
伝統のが技術を象眼するのは物品上で宝石をレイアウトして飾る芸術を行うので、現代機械が労働者のただ機械加工でだけなければならない表面を埋め込みするのが置いて宝石に入る良くて、でも機械化の生産は早くアイデアがないが、表現をあけて“あかぬけしている”の効果に着きを譲りたくて、人工の象眼する方法がまだ必要で行います。ダイヤモンドについて象眼して、各ブランドはすべて自分の“奥の手”があります。

最もよくあります――小さいくぎは埋め込みします
真珠や宝石の表裏の宝石は象眼して、最もよくあったのは小さいくぎが埋め込みするのです――とても小さくてとても精密な爪は埋め込みして、それは20倍の顕微鏡下で操作しなければなりません。宝石ごとにすべて厚さがあったので、1両のミリメートルの厚い金属構造の上で象眼するしかなくたいならば、とても細いくぎでダイヤモンドを捉えて、また(まだ)とても良い怒る色彩があるなくてはならなくて、使う技量は言語で形容しにくいのです。それ以外に、ダイヤモンドの善し悪しの肝心な点がその4のCを見るのを判断する、すぐカラットの重さ(caratweight)、色(color)、清浄度(clarity)、カット(cut)。