ヴァシュロン・コンスタンタン 「ヒストリーク」コレクションに2つの新作登場

ヴァシュロン・コンスタンタン 「ヒストリーク」コレクションに2つの新作登場
ストリーク・トリプルカレンダー1942
ヒストリーク・トリプルカレンダー1948

・1940 年代の代表的な複雑時計
・18K(4N)ゴールドによる限定モデル
・ボルドーやダークブルーのカレンダー表示
・新型の手巻きムーブメント
・“トリプル・ゴドロン”のケースバンドと“クロウ”型ラグ

ヴァシュロン・コンスタンタンは、「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する2つの新作を加えます。ヴィンテージの雰囲気が際立つこれらの新しいモデルには、1940年代に誕生したアイコニックな時計の独創的で美しいデザインが再現されています。
新しい「ヒストリーク・トリプルカレンダー1942」と「ヒストリーク・トリプルカレンダー1948」では、カレンダー機能に加え、トリプル・ゴドロン装飾のラウンド型ケースや2トーンの文字盤、“クロウ(鉤爪)”と型呼ばれるタイプのラグ、機械式手巻きムーブメントなどが特徴になり、ヴァシュロン・コンスタンタンの当時の複雑時計の典型的なスタイルが甦ります。

一つのスタイル、二つのアイコン
ヴァシュロン・コンスタンタンが今回復刻した 1942 年と 1948 年のカレンダーウォッチは、“実用コンプリケー ション”の分野における専門技術や、カレンダー表示に特有のデザインに焦点を当てています。この点はオリジ ナルモデルの特徴を反映するデザインコードによく表れている一方で、そこには現代的なアレンジも施されています。ステンレススティールによるトリプルカレンダー・モデルや、18K(4N)ゴールドでムーンフェイズ表示 も加わるトリプルカレンダー・モデルとして登場した新作は、いずれも直径 40mm のケースを採用し、“クロウ (鉤爪)”型のラグを配し、独特の“トリプル・ゴドロン(3 列の溝を彫った装飾)”が施されたケースバンドのように、ヴァシュロン・コンスタンタンの 40 年代の典型的なスタイルを語る数々の特徴が随所に再現されています。

ケースは 3 気圧の防水性が備わり、ボックス型に加工されたサファイアクリスタルの風防は、極めて細身のベゼ ルを取り付けられるように、若干厚く作られています。また、ケースバックのサファイアクリスタルを通して、 コンプリートカレンダーを搭載する新型ムーブメント、キャリバー4400QC とムーンフェイズ付きのキャリバー 4400QCL(L はフランス語の Lune=月の略)が見渡せ、これらに施された高級時計ならではの仕上げも鑑賞で きます。振動数 4Hz(毎時 2 万 8800 回)の機械式手巻きムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンが完 全に自社で開発製造を行ったもので、20 世紀半ばに誕生したカレンダーウォッチのオリジナルスピリットを継 承しつつ、パワフルな香箱によって約 65 時間という余裕のパワーリザーブを実現しています。

新作のまずはじめのモデルは、ステンレススティールで作られ、1942 年にイエローゴールドやピンクゴールド、 ステンレススティールで発表された「リファレンス 4240」から着想されています。オリジナルに忠実なエレガ ントで控えめなこの新作は、センター針による時分表示と 6 時位置のスモールセコンド表示に加え、針による日 付と窓による曜日および月表示が備わります。当時の典型的な 2 トーンのシルバー仕上げの文字盤に配されたカ レンダー表示の色は、ボルドーもしくはダークブルーから選ぶことができます。また、中央部がサンバーストの サテン仕上げで、外周にアラビア数字が点在するデザインは、各表示機能の視認性を高めるとともに、レトロで シックな表情を上品に引き立てています。