神奈川)「感謝の気持ちしかない」、川口能活選手が会見

 「自分がプレーしてきた中で今日が最高にうれしい日です」。サッカーJ3のSC相模原に所属し、元日本代表のGK川口能活選手(43)は14日、相模原市役所で開いた引退会見でこう語った。25年間のプロ生活を「いまは感謝の気持ちしかない」と振り返った。 会見場には約130人の報道陣が詰めかけた。スーツ姿で会見に臨んだ川口選手は「多くの人に支えられ、サッカー選手を続けることができた」と言葉を詰まらせた。引退を決断した理由を「違う形でサッカーに貢献したいと思うようになった」と打ち明けた。 4大会連続でW杯の日本代表に選ばれた守護神だ。静岡・清水商高からJリーグの横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団。そのマリノスでは「サッカーの質の高さだけではなく、選手に必要なオーラを学んだ」と語った。 その後、海外のチームやジュビ…