静岡)県内女性消防団員、団員倍増、活動に期待

 高齢化や担い手不足が進む消防団。解決の切り札として女性に注目が集まっている。県内では団員の総数が減少傾向にある中、女性団員の数はこの10年間で倍増。中には子育て中の「ママ」団員も。県内の女性団員の連絡協議会もでき、活動の幅を広げている。 牧之原市消防団女性消防隊は5月、認知度向上などを目指して愛称を決めた。その名も「チャーミィーズエンジェルス」。チャーミィは市茶業振興協議会のマスコット、チャーフィンのガールフレンドだ。活動服の左腕にはチャーミィがホースを持ち、放水する図柄のワッペンが光る。市内在住のイラストレーター岩本陽子さんがデザインした。 同消防団の女性消防隊は201…