岐阜)岐阜大病院にアレルギーセンター 診療科越え治療

 岐阜大学病院(岐阜市)は、食物アレルギーやぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉によるアレルギー性鼻炎など、アレルギー疾患の治療の拠点として「アレルギーセンター」を設置した。診療開始時期は未定だが、診療科の壁を越えて、診断困難な事例や、難治性疾患の正確な診断や治療をめざすという。 川本典生・副センター長によると、アレルギー疾患は増加傾向にあり、国のデータでは国民の2人に1人が何らかのアレルギー疾患を抱えているという。複数の臓器に症状が現れることもあり、一つの診療科だけでは診断や治療が間に合わない場合もある。必要に応じて関係する診療科が連携して診断や治療にあたることが重要だという。 現在の計画では、第2内科、総合内科、眼科、耳鼻咽喉(いんこう)科、皮膚科、小児科、高次救命の各科の医師に加え、看護師、薬剤師、管理栄養士が参加する。積極的に若手を登用し、アレルギー専門医やアレルギー疾患に精通した看護師・薬剤師・栄養士を認定する「小児アレルギーエデュケーター」の養成にもつなげたい考えだ。 また、アレルギー疾患に関する…