積家は第73回ベニス映画祭受賞者によるオーダーメイド

積家は第73回ベニス映画祭受賞者によるオーダーメイド
ラフ・ダーツ監督の映画「離れた女」が映画「金獅子賞」を受賞
第73回ベニス国際映画祭の閉幕式では、特別にカスタマイズされたREersoが腕時計を回して映画祭の受賞者たちに贈った。今回の映画祭では、フィリピンのラフ・ダーツ監督(Lav Daz)が映画『離れた女』(The Woman Who Lt)で最優秀映画「黄金獅子賞」を獲得した。スウェーデン系アメリカの女優エマ・スティ(Emmaston)が、映画「愛楽の城」(La La Lランド)での素晴らしさで最優秀ヒロインを斬るメンバー賞、アルゼンチンの男星アカデミーマディネス(Oscartinez)が映画「傑出した公民」(The dting uished Citizen)で最優秀男優賞を獲得した。
2016年には、11年連続でベニス国際映画祭を応援しており、積み上げてきた独自の工夫を凝らしたデザインとしてREersoの貴重な記念品となり、一人一人の身に強い感情を共感している。カスタマイズしたREersoが腕時計を回転させた時計の背中には「73 .モストナ」(第73回ベニス国際映画祭)という文字が刻まれ、ベニスの歴史を象徴する赤い漆絵のオスを飾ります。
「第七芸術」という映画の芸術関係と密接な関係がある。時計と映画は2つの世界だが、創意を奮い起こし、経典を伝承し、卓越した面で共通点が多い。たまった仕事を支え、映画の事業の発展を怠ってきた映画芸術の巨匠たちも、自身のブランド遺産の保護を重視している。
十数年、ベニス国際映画祭の公式パートナーとして、各映画祭で審査団の議長が選ばれた映画人のために「積家監督栄誉賞」(Gletto the Filmmaker Awード)を授与する。