秋田)県種苗交換会、秋田市で30日開幕

 国内最大級の農業の祭典「県種苗交換会」が30日、秋田市の4会場で始まる。優良農産物の展示など農業に関係するイベントのほか、県内の食や芸能も楽しめる。11月5日まで。 1878年から続く種苗交換会は、今年で141回目。県内外から100万人を超す来客を見込み、由利本荘市であった昨年は77万8千人が訪れた。 主会場になる秋田拠点センターアルヴェ(JR秋田駅東口)では、農家自慢の米や野菜、果樹、花などの農作物約2千点が展示され、即売もある。旧秋田空港跡地(秋田市新屋町)では、最新の機械が並ぶ「農業機械化ショー」が開かれる。 同駅西口のアゴラ広場やエリア…