岩手)バスセンター跡地、生き物と1日 活性化に一役

 小動物とふれあえる「移動動物園 in SIDE―B」が21日、盛岡市中ノ橋通1丁目の盛岡バスセンター跡地であった。 2020年度に新しいバスセンターが着工されるまでの期間、跡地は地元商店街などで組織する「盛岡バスセンターおよび周辺地区活性化協議会」に貸し出されている。移動動物園は地域活性化の一環として実施された。 盛岡市動物公園で飼育されているウサギやモルモットのほか、ボールニシキヘビやハリネズミなどが集まり、親子連れたちが触ったり、抱きかかえたりしていた。ヘビをなでていた小学1年の女の子は「触れて良かった。怖くなかった」と笑顔を見せた。 イベントの実行委員会に加わる…