静岡)御殿場西も初戦で涙 東海高校野球

 第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は21日、三重県の津市営、ダイムスタジアム伊勢の両球場で2回戦が行われた。県大会優勝の御殿場西は津田学園(三重3位)に2―7で敗れた。20日に清水桜が丘と静岡も敗れており、県勢の選抜出場は厳しい状況になった。 140キロ台の速球が武器の相手投手に苦戦した御殿場西打線。チームが放った安打は4で、森下知幸監督は「ダメでももっと振ってほしかった。体が動かないようだった」と残念がった。 「俺たちの試合ができていない」。主将の新井七輝君(2年)にとっても唇をかむ展開が続いたが、最後に自ら光る一打を放った。6点を追う九回表。敗色ムードの中、新井君が高めの直球を振り抜いた。打球は左翼に向かって伸び、外野の柵を超えた。 それまでの3打席は芯を外していたが、「最後だからとボールに食らいついたら入った」という。ガッツポーズして塁を回り、仲間とハイタッチした。 来夏に持ち越すことになった夢の舞台。「今日のような好投手の時は、塁に出たら積極的に走らないといけない。技術や考え方を磨いて、甲子園を目指したい」。主将の目はしっかりと目標を見据えていた。(宮川純一)