広島)「ふっこう周遊割」が今月から拡充

 西日本豪雨で被災した広島をはじめとする11府県で、一定の条件を満たすと宿泊費の一部を国が補助する「ふっこう周遊割」が、今月から拡充された。新たに香川、徳島両県が追加されたほか、同一府県内での連泊も割引の対象になった。 県によると、今回の豪雨によって、県内の施設に宿泊する予定だった約18万人が予約をキャンセルしたとみられ、数十億円の損害が見込まれるという。 ふっこう周遊割は、観光客誘致につなげるため、災害救助法が適用された中国5県と岐阜、京都、兵庫、愛媛、高知、福岡の11府県で8月にスタートした。ただ、二つ以上の府県で連泊しないと割引の対象にならないなどの条件があり、観光客らから条件の緩和を求める声が上がっていた。 今月からは、周遊旅行の利便性…