秋田)「三関せり」農家支援へネット募金 湯沢市

 伝統野菜「三関せり」の産地存続をめざす若手農家の起業を支援しようと、湯沢市が「ふるさと起業家支援プロジェクト」による寄付を募っている。ふるさと納税を活用したクラウドファンディング型の資金提供の仕組みで、総務省が4月に同プロジェクトをスタートさせてから、県内で行われるのは初めてという。 支援を受けるのは、同市三関地区で三関せりを栽培する若手農家の奥山和宣さん(33)ら。後継者不足の解決策として提案し、採用された。集めた資金を活用し、冬でも栽培できるハウスを増築するなどして周年農業を実現し、経営基盤を安定化させ、300年続く産地を守ることをめざす。 事業総額は約2200万円。ふるさと納税を活用したクラウドファンディングは12月28日まで受け付け、1千万円の寄付をめざしている。 市は寄せられた寄付を全額、奥…