神奈川)「セロテープ」だけのアート 横浜で70点展示

 約30センチのヒツジや海中生物、高さ2メートルを超える花……。セロハンテープで作った約70点の作品が並ぶ「セロテープアート展」が28日まで、横浜市神奈川区鶴屋町3丁目のフェイアートミュージアムヨコハマで開かれている。 作者は「セロテープアート」作家、瀬畑亮さん(44)=東京都町田市。「セロテープ」などのテープを作る「ニチバン」(東京都文京区)と専属作家契約を結んでいる。 瀬畑さんは6歳の頃、セロハンテープで創作を始めた。好きな工作に励む中で、失敗したテープを丸めるなどして遊び始めた。形崩れせずに遊び続けられることが楽しくて、次第にかたまり同士をくっつけてキャラクターなどを作るようになった。 東京造形大で彫刻を学び、在学…