滋賀)ノートをつないでギネスに挑戦 5千冊募集中

 彦根市松原町の近江高校で11月18日、ノートをつないで並べるギネス世界記録に挑戦するイベントが開かれる。彦根市尾末町のピアノ講師寺村邦子さん(63)が発案した試みで、ノートの提供と参加者を募っている。現在の記録は約1325メートル。更新には5千~6千冊が必要とみられている。 寺村さんはこれまでも、数々のギネス世界記録を打ち立てている。2007年に184時間連続演奏のコンサートを主催して認定。16年には彦根の伝統遊戯「カロム」の玉を2142個、66・15メートルつなげて並べた記録が認定された。寺村さんは「大勢でつないだり続けたりするのが楽しい」という。 今回選んだのは市販のノート。手で書き込んで思いの残ったものをつなげて並べることをギネス事務局に提案し、認められた。事務局からの条件は、市販されているノートをのりやテープなどを使わず、1キロ以上くっつけて並べること。使用済みでも新品でも構わないことになった。 世界初のはずだったが、この夏…