Breguet総裁は2モデルのブレゲの黄金の腕時計を撮影します

Breguet総裁は2モデルのブレゲの黄金の腕時計を撮影します
Breguet(ブレゲ)の総裁兼最高経営責任者のマルク・海耶克先生(MarcA. Hayek)ジュネーブ佳士得競売店で2モデル買って歴史的意味のブレゲの黄金の懐中時計を高く備えて、その中は1枚のブレゲの第一モデルの自然なエスケープを搭載する2が時間を知らせて(通し番号Noを表であることを聞きを含みます. 1135)、非常に稀有です。今回のオークション名は表して、通し番号No.にどっと集まります 1576と通し番号No. 1135の2つのブレゲの骨董時に計算して総計すると519、000の1スイスフランの価格を撮影しました。

ブレゲの通し番号No. 1135表すモデル、技術の上でそれとも、歴史的意味の上で、この名が表すのはすべて一つの重要な発見と言えます。ブレゲの歴史の書類によって記載して、この時計は4年近くを使ってやっと完成を作って、かつ有名な「トchappementnaturel」、つまりブレゲの第1モデルの自然なエスケープを採用しました。この機関はクロノメーターのエスケープとと同じに、表面に衝撃するのは頑張って潤滑にする必要はなくて、式の自然なエスケープの存在する問題の出す一つの究極のソリューションに上がってからに対してブレゲです。しかし革新がとても速いべきならコストを開発して高すぎて、難度を生産してとても大きいのためしかたなく諦めます。ブレゲは全部でただ30だけ生産してこのようなエスケープの懐中時計と置き時計を採用します。新しいエスケープを発明して、絶対1件のありふれている事でなくて、ただ本当にの表を作成する大家が能力があってこのような革新を実現します。この通し番号No. 1135の懐中時計は1806年に500、000のスイスフランの価格が取引が成立するで英塔の多い公爵(PedroAlcantara de Toledoy SalmSalm)(1768―1841)、今回を与えるのをすべて売っのでことがあります。海耶克先生はもう一つのモデルの中型の注文して作らせる腕時計を買って、「1576」字形に付いていて、1805年につくって、1809年9月8日に售予ブレゲはその時サンクトペテルブルグの代行洛河先生でないのにありました。この懐中時計の最大の特色はシンプルで優雅な設計で、単根のポインターを利用して分とすぐ時間を指示することができます。もっと貴重なのは、モデルが金の質を採用した内に底を表してかぶせるべきで、これはこの型番の懐中時計にとってとてもめったにありません。

1794年、フランスの大革命の時、おじさんはめったにない―ルイ・ブレゲ(Abraham―LouisBreguet)の先生を引き延ばして1モデル発表して特製できわめて簡単な式のチップの時計算する作品を搭載します。注文して作らせる形式を表して出すべきで、注文書の総価格の4分の1で手付け金として、交付する時また予算の余りを支払い終えます。注文して作らせて売り出す形式すぐまた実際の利益によることができて、巨大な成功を獲得して、かつたくさん新しい取引先を引きつけました。この腕時計は金の質に分けて殻と銀の質を表して2種類殻を表して、全部でただ約700だけ作りました。通し番号No. 1576と通し番号No. 1135の2時計算する作品はすべてブレゲの歴史の中で1つの場所を占有しのでことがあって、今ついに復帰します。この貴重なブレゲの骨董の時に計算したのは加入して、ブレゲの博物館を改善した中に再度無数な見学者の眼光のに豊かにするように引きつける時計算して秘蔵します。