SEIKOセイコーは2014年全く新しい腕時計を出します

SEIKOセイコーは2014年全く新しい腕時計を出します
高級の時計の市場の発展について2014年のアジア地区をしっかり見て、日系制が冠のSEIKOを説明して春先の前夜にあるのとして、所属のトップクラスの腕時計のシリーズGrandSeikoに対応して、厳かに出して2014年に新しくモデルを表して、アジアは200匹制限します。

2014年にGrandSeikoアジアは制限しますモデル(SBGH031)

今回アジア地区だけのために、出す2014年GrandSeiko新作の腕時計を限定して、GSすばらしい海洋の青で全体の時計の文字盤として色を合わせて、浩瀚広大で果てしがない海洋の世界を象徴して、者をつける資格があってマクロの視野、で藍色の世界の青写真を高い所から見下ろしを譲ります;アジアの制限する独特性に応じてため、時計の文字盤はヒシ型の線と波浪のしわを採用して入り組んで設計してなって、きめ細かくダイヤモンドの類のきらめく派手な息のようだ描写します;それ以外に更にめったにないブランドをは王者の息の類のライオンに表すように代表して、菱型模様の紋様の時計の文字盤の上で飾りを添えて、手首の間で揺れ動くつやがある影の反射でを通して、袖間高尚・上品に極致の味わいがあったのが現れて非凡で味わいます。

GrandSeikoアジアが制限して1頭のライオンは非凡な風格を再生するのを表します

今回の出したアジアは制限してGrandSeikoモデルを表して、すばらしいGS青で全体の時計の文字盤として色を合わせて、時計の文字盤はヒシ型ぐらいと波浪のしわを採用して、GrandSeikoが世界の舞台の上でダイヤモンドの類のようだきらめきを象徴します;王者の息の類のライオンを持っていて表して、きめ細かい印を通して刻んで、交差する線の時計の文字盤の上で飾りを添えて、極致の味わいがあったのが現れて味わいます。

一貫している「SeikoStyle」の後の世まで伝わる風格に続いて、小屋を表してと体の金属を表して特に霧面と鏡映面の質感でよく合って、それによって各方面の立体の質感が現れます。ポインターと時間の製作の上で、全て多角度のきめ細かい彫刻で制を終わって、12時の目盛り、クラシックの不変の伝統に従って、でその他はいつも2倍のサイズを増大して、突然衝突の対比する美感を現して、それによって視覚のをも高めて度を知っているのを弁別します。

Hi-Beat36,000は追求の表を作成する技術と技術の最高な並外れている業績を回転します

全世界の少数が100%チップがあって能力の時計工場を自製するのとして、GrandSeikoはアジアの少数がヨーロッパと国際時計のブランドに両者に優劣がなくて、人気があることができるので、少数が持続的に基礎のチップの時計工場を改良しているです。このは制限してモデルを表して9S85チップを搭載して、毎時間ためにガンダムの36に振動して、000回の(毎秒の振動の10回)の高速は奮い立ってしきりにチップ、「36,000が」を回転するのは決定機械式の腕時計の精密な正確な度「車輪を並べる」1時間の繰返し速度で、高速振動を通して強く外部干渉に止まって、姿勢がもたらした精密で正確な度の相違を変えるため抑えて、更に安定的な高精の正確な度を実現します。