福島)かやぶき屋根の「かや刈り」 都会から助っ人続々

 かやぶき屋根の家が並ぶ南会津町舘岩地区の水引集落で、重労働のかや刈りを都会の人たちが支えている。今年で12年目。支援活動の先駆者が退いた後も、若い世代が受け継いできた。自然に囲まれ、都会ではできない経験が人々を引き寄せる。 練馬、多摩、大宮……。秋晴れとなった今月3日、水引集落に県外ナンバーの車がずらりと並んだ。NPO法人「いろり」(東京都中央区)が主催する年1回のかや刈り体験ツアーだ。 親子連れから年配の人まで、2日間で計36人が参加した。大半は首都圏を中心に県外の人々だ。なかには留学中のイタリア人の男子高校生も。東京都八王子市のホストファミリーの女性といっしょに来た。 鎌の使い方の説明を受けた後、…