井山棋士が指導碁や記念対局 東大阪

 東大阪市は来年1月、市出身で国民栄誉賞も受賞した井山裕太棋士を招いた囲碁大会「新春囲碁フェスティバル」を開催する。井山さんが参加者と囲碁を打つほか、小中学生による囲碁大会も開催される。  市文化国際課によると、今年に続き2回目の開催。「指導碁」では、井山さんが参加者12人の碁盤を順番に回り、初手~10手ほどを打つ。以降は別の棋士に交代する。また、有段者の小中学生による「井山杯」、中学生までの級位者らによる「ハンデ戦大会」もある。井山さんと前回大会優勝者との記念対局のほか、初心者向けの教室もある。  開催は1月6日正午~午後5時、東大阪市荒本北1丁目の市役所本庁舎。定員は、井山杯は小学生・中学生各8人、ハンデ戦80人、指導碁は12人。井山杯とハンデ戦は参加費800円。市文化振興協会(06・6736・3660)に郵送、ファクス、メールで申し込みが必要。30日必着で応募多数の場合は抽選。