ブレゲの世界の巡回展のニューヨーク駅は大いに異彩を放ちます

ブレゲの世界の巡回展のニューヨーク駅は大いに異彩を放ちます
10月24―29日、ブレゲの巡回展“Breguet、the Innovator. Inventor of theTourbillon”(ブレゲ、時計算して先駆者を発明して、陀はずみ車の発明者)はラスベガスの展覧の後で一体シカゴを通じて(通って)で、6日を期間としたのを行って展示します。

今回の展示する主要な内容はブレゲの創始者を探求するので、陀はずみ車の発明者Abraham―LouisBreguetの一生及び得た業績。

今回の展示するすべての時計の中でまた(まだ)1枚の1812年生の産する陀はずみ車の懐中時計を含みます。この懐中時計は1つの“ツtoc”の両が懐中時計を聞くので、“No.とも称させられます5”。同時に、シカゴ駅は展示してまた(まだ)ブレゲの2013バーゼル世界の時計展の上で出す新型の5377超薄陀はずみ車が現れました。

1801年6月26日、Abraham―LouisBreguetは初めて陀はずみ車を発明して、そして特許を申請します。陀はずみ車の発明は重力の影響を軽減して、させる時計算するのは更に正確です。陀はずみ車の発明はその時に一回の偉大な壮挙と見なされて、そして1度思われていて表を作成する師の最も傑出している革新の中の一つでした。

ブレゲの世界の巡回展の最後はニューヨークの5番街のブレゲの専売店に立ってとして、時間を展示するのは11月8日―17日です。