秋田)独自の受動喫煙対策議論へ 問われる県の本気度

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙への対策が急がれる中、7月に成立した改正健康増進法に上乗せする秋田県独自の規制の議論が近く始まる。がんなどの生活習慣病による県民の死亡率の高さから、「健康寿命日本一」をめざす県の本気度が問われる。 「国の健康増進法一部改正を踏まえ、県独自の規制、教育、指導、対策の検討を行う必要がある」 医師や弁護士、飲食業者、宿泊…