沖縄)県外産と卵の価格競争、沖縄産が勝てない構造は?

 沖縄県産卵の卸売価格が前年同時期より22%も下落している。県外産卵の流通増加が一つの要因。県内の大手量販店では、セールの目玉に位置づけ、価格を抑えるため県外卵を取り扱うケースが多い。県養鶏協会は「経営は危機的状況」として量販店などに対して県産卵の取り扱いを求める「異例の要請」を決めた。有識者は「卵は鮮度も重要。多少高くても、地域の物を消費するという意識が必要だ」と話し、地産地消の重要性を訴えた。 県内の鶏卵相場で、10月31日に1キロ当たり235円だったMサイズは、11月19日には195円にまで下落した。昨年同時期は250円を維持。全国的にも安値で推移しており、先行きは見通せない。 県産卵は、県外産卵に価格競争…