熊本)熊本博物館、来月再オープン 老朽化で改修

 老朽化による改修工事のために3年前から休館していた熊本市立熊本博物館(同市中央区古京町)が来月1日、再オープンする。熊本地震の影響で、昨秋の再開予定が1年延びていた。 新しい博物館は、吹き抜けを2層構造にして展示スペースを広げ、常設展示数は約4100点で改修前より増えた。総事業費は約28億円。 全体テーマは「未来へつなぐ熊本の記憶」。1階の常設展示室は、旧石器時代から近現代までの歴史と文化を紹介。江戸時代に細川家が参勤交代に使った船「波奈之丸(なみなしまる)」の屋形部分で、熊本城天守閣から移した国の重要文化財「細川家舟屋形」などがある。 生物分野などを扱う2階の常設…