警視庁職員の力作121点展示

 第63回警視庁職員美術展が28日、東京都中央区の日本橋三越本店で始まった。写真や絵画など計121点が展示されている。12月3日まで。開場式で三浦正充警視総監は「普段は目にすることのない職員の一面に触れてもらえたら」とあいさつした。 写真の部で金賞に選ばれた田中智・7方面本部管理官(59)は勤務地の祭りのシーンを撮影した。「地域の活気を伝えたいと思って撮りました」と話した。(大谷聡)