ホーランエンヤ 詳細決定

 来年の5月18~26日に開催される豊作祈願の船神事「ホーランエンヤ」(松江城山稲荷神社式年神幸祭(しきねんしんこうさい))に関し、松江市などが28日、詳細な開催日程を発表した。約100隻の船団が大橋川などを進む日本3大船神事の一つで、10年に1度開かれる。 5月18日の「渡御祭(とぎょさい)」では、松江城内の松江城山稲荷神社の御神霊を船にのせ、約10キロ離れた東出雲町の阿太加夜(あだかや)神社に運ぶ。船団は午前10時5分に宍道湖大橋南詰を出発。くにびき大橋に到着するまで約2時間半かけて、船上で華やかな衣装に身を包んだ踊り手が「櫂(かい)伝馬踊り」を披露しながら大橋川を東進する。 22日は阿太加夜神社で「中日祭(ちゅうにちさい)」、最終日の26日は御神霊が松江城山稲荷神社に戻る「還御祭(かんぎょさい)」がある。還御祭では船…