熊本)交通センター、「桜町バスターミナル」に改称

 熊本市中央区の桜町再開発に伴い、「熊本交通センター」が「熊本桜町バスターミナル」に改称される見通しとなった。2019年9月にオープン予定の再開発ビルに入る商業施設の名称は「SAKURAMACHI」で検討しており、この開業に合わせて改称する予定。九州産業交通ホールディングス(熊本市)が20日に明らかにした。 熊本交通センターは県庁の跡地を利用して1969年に開業。再開発にともなって2015年に営業を停止し、現在は仮設ターミナルで営業している。同社の担当者は「県外の人や外国人にもわかりやすい名称が必要と考えた。正式名称とは別に、親しまれやすい愛称も考えたい」と話している。(大畑滋生)