大分)サイバー防犯ボランティア 県警が短大生らに委嘱

 インターネットやSNS上での犯罪に関する書き込みをパトロールする「サイバー防犯ボランティア」の委嘱式が11月29日、大分市上野丘東の大分県立芸術文化短期大学であった。同短大の1年生13人が、県警からの委嘱を受けた。 学生たちは、短大のサイバー防犯ボランティア「めじろんおおいた見守り隊」に所属する。見守り隊は2013年、情報モラルに関する授業がきっかけで発足。昨年からは、県警のサイバー防犯ボランティアに委嘱されている。 各個人が空いている時間を使い、ネットやSNS上に違法薬物や違法行為の書き込みがないかパトロールし、月2回は集まって活動する。啓発ポスターの制作や街頭での広報活動も行う。 学生たちが違法の疑いがある書…