沖縄)土砂投入に反対の声 シュワブゲート前に千人

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対するオール沖縄会議は1日、キャンプ・シュワブゲート前で毎月第1土曜日の大規模行動を開いた。市民約千人が集まり、沖縄防衛局が近く計画する土砂投入に反対の声を上げた。午後1時現在、資材の搬入はない。 あいさつに立った高良鉄美共同代表は「9人が1人に基地を押し付けるのは民主主義ではない。人権を守ってこそ多数決は成り立つ。日本の民主主義を守るためにも頑張ろう」と呼び掛けた。(沖縄タイムス)