長崎)地元でも食べて「九十九島とらふぐ」 佐世保市

 冬の味覚の王様、トラフグの出荷式が1日、長崎県佐世保市の九十九島漁協鹿町支所であった。一帯のフグは長年、「下関」ブランドを支えてきたが、近年独自の養殖法を確立。「九十九島とらふぐ」として本州に出荷する一方、地元スーパーにも卸して認知度の向上を目指している。 養殖フグの水揚げ量は長崎県が全国1位で、その中で佐世保は毎年、長崎や松浦とトップ争いをしている。だが地元でも、一大産地であることが、あまり知られていないという。 独自の商品化を目指し、早摘みしたミカンをまるごとつぶしてえさに混ぜて育て、2012年に「九十九島とらふぐ」を打ち出した。フグの血行が良くなって身の透明度が増し、歯ごたえもよくなったという。 式典には漁協や市などの関係者…