佐賀)クルマエビ、東京や大阪へ 出荷が本格化 唐津

 佐賀県唐津市浜玉町渕上の「浜崎クルマエビセンター」で、東京や大阪などの市場向けや、お歳暮用の出荷が盛んだ。ピチピチ跳ねるクルマエビを、おがくずを詰めた箱に入れて生きたまま送り出す。11月28日、出荷セレモニーがあった。 養殖場長の芦名淳一さん(44)によると、夏場の高水温の影響でサイズは例年と比べてやや小ぶり。その後に元気になり、仲買人から「甘みが強くて味がいいし、日持ちもよい」との評価を得ているという。 贈答用は1キロ(35~50匹)で9800円、500グラム(15~25匹)で4900円。全国発送もする。小売りは100グラム単位で応じる。12月は4トンを出荷し、年間売り上げの半分程度を見込んでいる。問い合わせは浜崎クルマエビセンター(0955・56・2335)へ。(渡辺松雄)