県内30市町村が防災対策を学ぶ

 防災対応などを自治体の防災担当者が学ぶ「災害情報協議会」が盛岡市であった。県内30市町村からの参加者は、専門家から最近の災害分析や先進的な防災対策などの説明を受け、互いに意見を交わした。 静岡大防災総合センターの牛山素行教授は講演で、西日本豪雨など今年起きた水害を中心に対策を説明。自分が暮らし…