香川)犬の殺処分、8年連続全国ワースト1 譲渡は増加

 香川県と高松市は2017年度、保健所に収容した犬のうち、69・4%の1711匹を殺処分した。殺処分の率は8年連続、数は5年連続でそれぞれ全国ワースト1位。一方、県と市は来年3月にオープンさせる動物愛護センターの愛称を「しっぽの森」と決め、犬猫の譲渡やペットが捨てられるのを防ぐ活動に力を入れる。 県によると、収容した犬は2467匹(前年度比42匹減)。大半が所有者不明の野良犬だった。前年度と比べて殺処分の率は5・3ポイント、数は164匹減ったが、全国ワーストは変わらなかった。 猫の収容数は、前年度より322匹減って1065匹。15年度まで2千匹前後だった収容数は、ほぼ半減した。殺処分の数は657匹(前年度比422匹減)で、率は61・7%(同16・1ポイント減)。どちらも全国で20位台だった。 保健所の犬猫を預かり、新たな…