愛知)縁起物のハゼの甘露煮づくり最盛期

 正月の縁起物として好まれるハゼの甘露煮づくりが愛知県豊川市の平松食品御津工場で最盛期を迎えている。生のハゼの加工から炊きあげまで担うことができる業者が減るなか、同社では約2トンの出荷を予定している。 10センチ前後の小ぶりのハゼの内臓を取り出し、鉄串に刺して素焼きする。その後、竹かごを敷いた釜で煮る昔ながらの製法で、完成までに3日かかる。 甘露煮にするハゼの多くは中国産。今年は三河地方でのハゼの水揚げが比較的好調で、昨年の倍ほどの720キロが集まった。昨年から国産ハゼは茶葉を加えて煮ている。平松賢介社長は「お茶炊き製法で臭みが和らぎ、今年もいいできです」と話している。三河産ハゼの甘露煮は同社直売店で75グラム入り520円。