大分)全員和服 きものの似合うまちPR 杵築市議会

 杵築市議会が5日開会し、議員18人や永松悟市長、各課長ら出席者計51人全員が和服姿で本会議に臨んだ。「きものの似合うまち」の宣伝を兼ねた「きもの議会」も3年目。レンタル着物を利用する外国人観光客らが増える効果も出ているという。 市は2009年4月、全国に先駆け、「きつき和服応援宣言!」をした。九州豊後路の「小京都」として、江戸城下町の風情が色濃く残る街並みを和服姿で散策する観光のPRに力を入れている。 市によると、レンタル着物でまちを散策する観光客は年々増加。昨年は市観光協会の着物レンタル店を1万1389人が利用した。留学生や観光客ら外国人が半数以上を占めたという。 この日の議会では中山田昭徳議…