沖縄)資材運搬船に土砂が次々 市民らカヌーで船を囲む

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、同市安和の琉球セメントの桟橋では6日午前、沖縄防衛局による土砂の搬出作業があり、新基地建設に反対する市民らは抗議の声を上げた。 桟橋では、接岸している資材運搬船に土砂が次々と積み込まれ、抗議する市民らは早朝から工事車両の出入り口で座り込んだ。 海上では、辺野古のカヌーチームが運搬船を止めようとカヌー10艇を出して船の周りを囲んだ。作業員が「船から離れて」と呼び掛ける中、市民らは「カヌーチーム頑張れ。県民がついている」と鼓舞した。 一方、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では約40人の市民が座りこんだが、午前は資材の搬入はなかった。(沖縄タイムス)