庁舎解体中断求める 大槌町長に2職員遺族

 旧大槌町役場周辺で津波の直撃を受けて死亡した元職員2人の遺族が6日、記者会見で「家族の死の真相が解明されていない」と町への不信感をあらわにし、平野公三町長自らが説明をするまで庁舎解体工事を中断するよう町側に求めたことを明らかにした。同日会見した平野町長は「遺族から初めて本音が聞けた」と述べ、19日…