徳島)使い終わった針に感謝 徳島眉山天神社

 使い終わった針に感謝する「針供養」が8日、徳島市の徳島眉山天神社であった。服飾や畳などの業界関係者ら約40人が、折れたり曲がったりした針を豆腐に刺し、技の上達を祈った。 市内の専門学校で和裁を学ぶ中島雅代さん(25)は、まち針と縫い針を持参。来年1月に技能試験があるといい、「1年間の練習の成果が出せるように願いを込めました」。(中村律)