沖縄)県民投票、36万人超が投票できない可能性

 名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票に石垣市の中山義隆市長が11日、不参加を正式に表明した。これにより、不参加を表明したのは宜野湾、宮古島、沖縄と合わせて4市となった。 また、態度を保留しているうるま市を含めた5市の18歳以上有権者数を2018年9月30日執行の知事選時点でみると、計36万3096人で、県全体の31・7%に当たる。(沖縄タイムス)