徳島)海陽の「わかいし」集う場づくり 若者らが企画

 若者の力で地域を盛り上げようと、徳島県海陽町で交流企画「わかいしプロジェクト」が進んでいる。20~30代の町職員らが中心となって体験型の催しを開き、町おこしや課題解決に向けたアイデアを募って、実現を目指すという試みだ。 プロジェクト名は地元の言葉で「若い人」。平均年齢55・5歳で65歳以上が4割以上を占める海陽町。職場以外の若者同士が交流する場をつくろうと、町職員の浜田栄一郎さん(24)、松岡愛さん(24)ら有志が企画する。昨年9~12月に、アクセサリーづくりなどの体験イベント「WAKAISHI(ワカイシ) CAFE(カフェ)」を計3回開催。今年度から活動を本格化させた。 現在は、幼稚園教諭の笠原理恵さん(30)を代表に、阿佐海岸鉄道勤務の中山尚美さん(31)、地域おこし協力隊員の藤田奈都季さん(27)を含む計5人が運営スタッフを務める。2週間に1度のペースでミーティングを開いて、月1回程度のペースでイベントを開いている。 7月にあった今年度最初の「カ…